マンションを売却した時にかかる税金について

意外に知られていないマンション売却にかかる税金について考えてみます。
マンションを売却すると、多額のお金が入ってきますが、このお金は所得ということになるため、所得税と住民税がかかってきます。
マンションを売却してかかる税金は、買った額より売った額の方が大きくなった場合にかかってくるのですが、マンションを購入した際にかかる仲介手数料や所得費用などの諸費用を差し引いての額のことになります。
また住宅用としてのマンションであれば、3000万円の特別控除が受けられるため、マンション売却時にはほとんど税金がかかってくることはないと言えます。
事前にしっかりとマンションの査定を行っておくのがポイントです。

マンション査定について

マンションを売却して、3000万円以上の利益が出なければ、所得税と住民税はかかってこないことになるのです。